憧れの縄文杉

f0037421_23483420.jpg

なが〜い、長いトロッコ道を経て、縄文杉に会いにいきました。

  ← ポチポチッ!と応援、よろしくお願いいたしま〜す。




早朝4時起床。
まだ真っ暗の森の中、ヘッドライトをつけていざ出陣!

徐々にあたりが明るくなり、鳥さん達の「おはよう」の鳴き声を聞きながら、
永遠に続くのかも・・・と思えるほど長いトロッコ道を約2時間。
テクテクてくてくと歩いていくと、大きな株「ウィルソン株」に出会いました。
うわ〜、すごい!
f0037421_23315050.jpg


株の中は空洞化していて、中に入る事ができます。
中から見た景色は、また別格!
ぽっかり開いた穴から、緑がふってくるみたい。
f0037421_23342122.jpg

光が差し込む株の中は神秘的な空間でした。
f0037421_2333352.jpg


そして、そこから更に山道を登って登って、約1時間半。
待ちに待った、縄文杉とのご対面です。

ジャ〜ン!!!
と、私の写真では迫力が伝わりきらないのが非常に残念ですが・・・、
樹齢2000年とも7000年とも言われる憧れの縄文杉!
(大き過ぎて、写真には全くおさまりきりませんでした。)
f0037421_23361894.jpg


暫くの間、ぼ〜っと縄文杉を眺めていました。

少し白みがかった縄文杉は、思ったよりも元気がないようにも見えたのですが、
ガイドさん曰く、縄文杉を見やすくする為にまわりの木を伐採したりしていて、
本来ある姿とは違う環境に置かれる事で、随分弱ってきてしまっているんだ・・・との事。

ある意味で、この縄文杉が犠牲となってここに観光客が集まる事で、
他の屋久島の自然を守ってくれているのかも。と。

う〜ん、ちょっと切ない。
でも、こらからもずっとずっと、みんなに力を与え続けていてもらいたいと、
この縄文杉に出会えてよかった!と心から思いました。

奇麗な森の中の、大きな大きな縄文杉。
まさに屋久島のシンボルですね。


そして、帰り道、素敵な場所に連れて行ってもらいました。
森の中にある、緑色に輝く川辺。
「ひゃ〜!!!」思わず叫んでしまいました。
こんなに奇麗な川、見た事ないっ!
f0037421_23453786.jpg

この奇麗な水も、全てこの森のお陰なのですね。

これからもずっと、この大きな森と輝く水が守られ続けますように。
[PR]
by YUMMY-CLICQUOT | 2008-04-02 00:25 | 旅行
<< 旅の終わりに はじめての屋久島へ >>