理想のいくら丼

f0037421_20551385.jpg

ご飯が見えない幸せ♡

ファイブスタイル ブログランキング
  ←ポチポチッ!と応援、よろしくお願いいたしま~す。




この気持ち、わかってもらえます〜?

いくら好きの私は、前回に引き続き今シーズン2度目のいくらの醤油漬けを作りました。

食いしん坊の私は、できる事なら、いくら丼は、
下のご飯が見えない位に、いくらをたっぷりのせていただきたいのです!

でも、普通のご飯茶碗でそれをやると、メタボまっしぐら〜。
いくら私でも罪悪感が伴って、それができない!!!

と思っていたら、丁度先日実家に帰った際に、丁度良い大きさの器を発見!
f0037421_20593064.jpg

当日は、お湯のみ茶碗として出された、この掌にすっぽり入る小さな器。

「こ、これ、いくら丼用にもらいたいなぁ〜。」

「ん・・・?」

って、普通は何を言ってるのか分からないですよね(笑)

つまり!
小さな器だと、私の憧れの、
いくらがい〜っぱいで、下のご飯が見えないビジュアルになるって事なのです。

と、説明し、父の手作りの器をいただいてきちゃいました。

今回は父のアドバイス通りに、つけ汁に生姜汁をちょこっと入れてみました。

ふふふ〜♡
かんっぺきなビジュアルだわ!

さてさて、この気持ち、共感してくださる方、いらっしゃいますでしょうか〜???
[PR]
by YUMMY-CLICQUOT | 2008-10-23 21:50 | お家ごはん
<< お祝いの型抜きクッキー ハーブオイルで秋刀魚料理 >>